読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#Perl入学式 in大阪 2016年度第2回 レポート

みなさん、プログラミングに興味はありませんか?!

Perl入学in式大阪サポーターの@tomcha_です。

7月23日に開催されたPerl入学式in大阪の様子をお伝えします。

メンバー紹介

今回の内容ですが、Perl入学式の第1回は、昔からずっと"環境構築から始める"という伝統を頑なに守っているので、手を動かして文法を学ぶ意味では実質上の1回目となります。

そして大事な最初の文法の講師をしていただいたのは、

@stc1988さんです。

また、サポーター陣は@nqounetさん、@bool_foolさん、@sago35tkさん、@ks_yuzuさん、@_yabookさん、@tomcha_の6名でした。

今回も満員御礼、キャンセル待ちの方も出ている状況で参加者は17名でした。
生徒17名に対して、講師陣7名!なんとも贅沢な初心者向け勉強会ですね!

今回の資料も、Perl入学式校長肝いりのスライドツール、slaslaを利用しました。資料を見ながらサポーターのアドバイスや参加者のコメントを同時に共有できる、素晴らしいサービスですね。

当日参加出来なかった方、資料はこちらです。

今回の内容は、"変数”や"キーボードからの入力"、"数値の計算や比較"、"ifやforなどのプログラム制御"など、どんなプログラミング言語でも通る基本的な内容でした。

基本的な事って、実は説明がとっても難しいんですよね。分かっている人からすると、つい当たり前と思ってしまう事でも、初心者の人からするとチンプンカンプンなんて事も。

Perl入学式は、多数のサポーターによる手厚いサポートを受けながら講義が進められるのが特徴です。今回も、最初の練習問題ではどう手を付けたら良いのかわからない状態だった受講生も、講義の終盤になってくるとある程度自力でコードを書ける様になっていたのが印象的でした。

サポーターが書いた練習問題解答はこちらです。

Perl入学式in大阪は1年を通して学習するタイプの勉強会です。
このブログを読んで「プログラミングを始めてみたいな!」「連載ものだから、今年はもう参加できないの?」と思われている方、大丈夫です。Perl入学式では資料を公開していますので、自分で前回までの資料を読んで分からないところを質問して追いつく事も、スピンオフのもくもく会なにわPerlに参加して分からないところを聞く事もできるんですね!

今からでも遅くない!プログラミングを始めてみませんか?

懇親会

さて、勉強会の後は懇親会。
ここではお酒を飲みながら、講義本編で聞けなかった質問や疑問点から、プログラミングや業界のよもやま話などいろんな事を聞ける貴重な場です。中には、懇親会だけでも出たい!といった卒業生の方もおられるほどです。

少しでも興味を持たれたみなさん、是非Perl入学式に参加してみて下さい。
そして懇親会にも参加して、色々な話をして楽しみましょう!

まだ次回の正確な日程は決まっておりませんが、決定次第、Doorkeeperより案内を流しますので、以下を随時ご確認ください。

Perl入学式公式サイトなど

サポーター募集中

Perl入学式は、スポンサーとボランティアによって運営しています。

サポーターである私達は、少しでも優秀なプログラマー、エンジニアを育てることに力を注ぎたいと考えています。

Perl入学式では、この活動を応援していただける企業さま、個人さまを募集しております。

お問い合せは、 admin@perl-entrance.org で承ります。

みなさまからのご連絡をお待ちしております。

#Perl入学式 in沖縄 2016年度第1回 レポート

こんにちは!

沖縄でサポーターをしている@codehexです!

6月18日(土)に開催したPerl入学式 in沖縄 第1回目の模様をお伝えしたいと思います。

本編

沖縄でのPerl入学式の開催が初めてということもあって、参加者が集まるかとても不安だったのですが、参加者数はなんと17名、サポーター講師含めると24名となりました! たくさんのご参加ありがとうございました! 感謝です!!

第1部、第3部のトークは、Perl入学式校長の @__papix__ さんに担当していただきました。今回の全体的な講師としてお願いしました!

そして第2部では、本当は @xtetsuji 教頭が担当する予定でしたが、これからのこともあり教頭からのサポートをもらいながら僕が担当させていただきました。

サポーター陣営は Okinawa.pm メンバーと @xtetsuji さんでした!

第1部終了後、みなさんで🍕も食べました。

なかでも、第3部は一番の盛り上がりが感じられました。授業のスライドは校長が会社のメンバーと開発した slasla というサービスを利用して進めていきました。

slasla はスライドを同期させ、参加者が手を上げずともそのままコメントで質問を投げられるという画期的! なWEBサービスです。僕のような大勢の場で手を挙げて質問できない人にとってこんなにありがたいサービスはないですね!!

また、全体的にPerlでこういうことできるの? シェルでどんなことできるの? といった質問も沢山あって、参加者みなさんの熱い思いがひしひしと伝わってきました!
エディタに関してもサポーター陣営のVim推しがひどかったですね(笑)

授業後もURLは生きていますので、一度ご覧になってください。
参加者の方は見返すと復習にもなりますし、雰囲気も思い出せるはずのでモチベーションが高まりますね!

https://slas.la/papix/perl_entrance_2016_okinawa_01

第1回の主な内容は以下のとおりでした。

初回は受講生のOSにより若干内容が変わるため、1部、2部と分かれて始まりました。

第1部

  • Window系端末向けLinux環境構築(仮想PCの構築とUbuntuのインストール)

第2部

  • ターミナルとシェル入門
  • エディタ入門

第3部

  • Perl入学式の概要
  • Perl・Perlコミュニティ概要
  • PerlでHello world

資料は公開していますので、どなたでも閲覧が可能です。(常時改善中です)

https://github.com/perl-entrance-org/workshop-2016/tree/master/1st

Perl入学式の次のステップに是非ご活用ください。

懇親会

今回懇親会にご参加いただいたのは、Perl入学式に来れなかったけど懇親会に参加したいという方も含めて、20名弱でした。

炭火炉端焼職人 いぶし銀次郎で行いました。しかもただの懇親会ではなく、Okinawa.pm #1 として開催しましたので、LT も行いました!

でした。

とくに校長が晒してくれた開発環境の中で、peco を用いた活用法が参加者には大ウケでした!

後半はそれぞれお互いに質問をしあって自分のスキルを磨いていってるように感じられました。食事も美味しかったですし、本当に楽しかったです。

まだ次回の正確な日程は決まっておりませんが、決定次第、doorkeeperより案内を流しますので、以下を随時ご確認ください。

Perl入学式公式サイトなど

サポーター募集中

Perl入学式は、スポンサーとボランティアによって運営しています。

私たちサポーターは、少しでも優秀なプログラマー、エンジニアを育てることに力を注ぎたいと考えています。

Perl入学式では、この活動を応援していただける企業さま、個人さまを募集しております。

お問い合せは、 admin@perl-entrance.org で承ります。

みなさまからのご連絡をお待ちしております。

#Perl入学式 in大阪 2016年度第1回 レポート

こんにちは!

大阪でサポーターをしている@yabookです!

今日は5月28日に開催したPerl入学式 in大阪 第1回目の模様をお伝えしたいと思います。

本編

https://twitter.com/_yabook/status/736409730734641152

今回の講師は、@__papix__ ことPerl入学式校長直々に講師をしていただきました。

初回&校長が講師ということもあり大阪では非常に盛り上がっていたように感じます。

勉強会なのに、なにか熱気を感じましたね。笑

参加者は19名、サポーターは講師含め7名で総数26名、会場も満員御礼となりたくさんのご参加ありがとうございました。

今年から新たに2名のサポータに参加いただいております。

授業では校長が会社のメンバーと開発した、slaslaというサービスを利用して今回の資料スライドにより進められました。

slaslaはスライドを同期させ、参加者が手を上げずともそのままコメントで質問を投げられるという画期的!なWEBサービスです。

臨場感、活気が出てかなり熱かったです。

授業後もurlは生きていますので、一度ご覧になってください。
コメントを見返せば、授業の様子がなんとなく伝わり、熱い感じも多少感じるかもですね。

https://slas.la/papix/perl_entrance_2016_osaka_01

第1回の主な内容は以下のとおりでした。

初回は受講生のOSにより若干内容が変わるため1部、2部と分かれて始まりました。

第1部

  • window系端末向けLinux環境構築(仮想PCの構築とUbuntuのインストール)

第2部

  • ターミナルとシェル入門
  • エディタ入門

第3部

  • Perl入学式の概要
  • Perl・Perlコミュニティ概要
  • PerlでHello world

資料は公開していますので、どなたでも閲覧が可能です。(常時改善中です)

https://github.com/perl-entrance-org/workshop-2016/tree/master/1st

また、そうした場をもっと作りたいということで、サポーターの@tomcha_さんが「なにわPerl」を主催してくださっています。

今回勉強会で利用した資料はslaslaにも上がっています。

https://slas.la/papix/perl_entrance_2016_osaka_01

Perl入学式の次のステップに是非ご活用ください。

懇親会

今回懇親会に参加いただいたのは14名です。

瀬戸内の恵み・港町ダイニング

仕事で金曜から京都・大阪に滞在していたということで、お疲れさまでした。

懇親会後はナレッジサロンにてゆるふわLT大会があり、お腹いっぱいな1日になりました。

LTは校長による

@sago35tkさんによる

  • ビールはアサヒに限る
  • メーターとか駆動制御のおはなし

でした。

自分の体験できない話や知見に触れることができ、素敵な時間でした。

まだ次回の正確な日程は決まっておりませんが、決定次第、doorkeeperより案内を流しますので、以下を随時ご確認ください。

Perl入学式公式サイトなど

サポーター募集中

Perl入学式は、スポンサーとボランティアによって運営しています。

サポーターである私達は、少しでも優秀なプログラマー、エンジニアを育てることに力を注ぎたいと考えています。

Perl入学式では、この活動を応援していただける企業さま、個人さまを募集しております。

お問い合せは、 admin@perl-entrance.org で承ります。

みなさまからのご連絡をお待ちしております。

2016年度のPerl入学式についての概要

こんにちは、主に東京でサポーターをしています、おがた (@xtetsuji) です。

先日アナウンスがありましたとおり、2016年度も各地でPerl入学式が開催されます。

2012年度から毎年行われているPerl入学式ですが、今年度は昨年度までとは異なる部分がいくつかありますので、これについて簡単に説明します。

講義は全6回から全5回へ

Perl入学式の講義は2012年度の開始時より年6回行われていましたが、昨年度は実験的に例年の第5回と第6回の入れ替えを行ったところ、例年の第5回にあたる講義がカット可能であると思われたため、これを外し、2016年度は全5回の構成になりました。

これにより、受講生が興味を持つ分野にいち早く取り組めること、また講義回数の削減によって、受講生やサポーターの負担を軽減できることなどのメリットがあると考えています。

具体的には、例年の第6回である「Webアプリケーション」を第5回に繰り上げ、これまで第5回として行っていた「パッケージ、モジュール、テスト」の講義をカットしています。

というのも、例年第4回の「リファレンス」が重いわりに、この第5回が軽く、かつこの段階のPerlの知識ではテストなどの重要性も実感しづらいという課題がありました。
運営側としては、この分野が大切であるという認識は変わらないものの、別の場所でフォローしつつ、趣味のプログラミングの楽しさを尊重する方向で進めることにしました。

また、これにともない、第4回の比重を分散させるなどの資料の微調整も行っていきます。

その他、第2回から第4回までの講義を再編成して、パッケージやモジュールについての知識も同時に学べるようにします。
テストやペアプログラミングについても、全5回の講義とは別の機会を設けて選択的に受講できるようにする事も計画しています。

東京は補講なしの毎月第2土曜日開催、年2回開講

昨年度までは隔月で講義を行っていましたが、「次の講義までの間が長い」「次回の開講日が事前に決まっていないのでスケジュールを立てづらい」という要望を多くいただいていました。

この声に応えるため、2016年度のPerl入学式 in東京では、原則的に5月から9月までの毎月第2土曜日を開催日として固定することにしました。

そして、講義を隔月開催から毎月開催にするかわりに、これまで東京のみで行われていた「補講」を外すことにしました。
もともと、補講は参加者の多さと、予定があって本講に参加できない方の救済措置として行っていたため、事前にスケジュールを固定することでカバーできると考えています。
もし、これらの問題を解消できない場合には、なるべく会場を広くする・サポーターの人数を多くするといった対応策を考えています。

補講が無くなり、毎月開催になることで、5ヶ月間で全カリキュラムが終わることになります。
そのため、東京では10月もしくは11月から「後期」秋入学プランを行うことも検討しています。こちらについては、確定し次第アナウンスいたします。

Perl入学式 in東京 第1回 〜環境構築編〜

他の地方についてですが、in大阪に関しては、例年どおり隔月の開催が予定されています。
また、今年度から新たに加わる in沖縄に関しては、今年度の東京と同じ毎月の開催、具体的には6月から10月までの全5回を予定しています。

大阪は会場が流動的

東京では開催場所をほぼ固定できているものの、大阪では都合の良い会場がなかなか見つからず、第1回からしばらくの間は会場の場所が流動的になる予定です。

Perl入学式 in大阪 第1回 〜環境構築編〜

沖縄で初開催

上記のとおり、今年度は新たに沖縄でPerl入学式が行われます。
準備の都合で第1回は6月になりますが、その後10月までの5ヶ月間、毎月の開催を予定しています。

なお、6月18日の第1回開催前後には、沖縄のPerlコミュニティによるイベントなども検討されているようです。
また、6月の第1回にはPerl入学式の校長でもある @__papix__ さんがサポーターとして参加する予定です。

Perl入学式 in沖縄 第1回 〜環境構築編〜

福岡は現在調整中

2014年度から開催されている福岡ですが、今年度の開催に関しては現在調整中です。
会場やサポーターの体制を整えるなどできた段階で、再度アナウンスする予定です。

福岡で受講しようと考えている方は、気長にお待ち頂けますと幸いです。

参加登録が Zusaar から DoorKeeper に変更

今年度から参加登録が Zusaar から DoorKeeper に変更になります。大阪では昨年度から DoorKeeper を使用していましたが、Zusaar のサービス終了に合わせて東京を始めとした各地域の参加登録を DoorKeeper に統一しました。DoorKeeper コミュニティは各地域で別々ですので、自分の地域の Perl入学式 DoorKeeper コミュニティに登録していただきますと、次回のイベントが作られた時点でメールで通知をもらえたりします。

DoorKeeper は Zusaar とは別に登録作業が必要ですが、各種 SNS アカウントで登録できるのは Zusaar と同様です。

講義に関する情報や、Perl に関する情報収集では Twitter が大活躍します。Facebook しかアカウントがないという方も、この機会に(Facebook とは切り離した匿名でもいいので)Twitter アカウントを作成してみませんか?

新たな試みが満載の今年度

昨年まで少しずつ開催地域を増やしてきたPerl入学式ですが、今年度は沖縄に新たな場が生まれました。

東京の開催が隔月から毎月に変わることも大きな変更点ですが、昨年度までに得られた課題を講義資料に反映したり、講義内容を入れ替えたりと、今年度は新たな試みが満載になりそうです。

その他、校長の構想としては、さらに新たな地域での開催も検討されているようです。

もちろん、「私の地域でもPerl入学式を!」といった要望も随時承っています。
これからもPerl入学式を応援してくださると、運営としてこれほど嬉しいことはありません。

今後もPerl入学式の活動にぜひご期待ください。

#Perl入学式 in沖縄 第1回 ついに開催します!

こんにちは!初めまして!

沖縄でサポーターをすることになりました、Okinawa.pm@codehexです!
初めての開催となりますので、かなり緊張しています。

きっかけ

今回、Perl入学式を沖縄で行うことになったきっかけは、Okinawa.pmが発足する前、最後のYomitan.pmに@papixさんがゲストとして参加されたことでした。

その時のYomitan.pmでは学生がたくさん参加していたこともあって、どのようにすればプログラミングが上達していくのか、またこれから就職活動に向けてどのような意識を持てばよいか、などの話題で盛り上がってました。

そんな中、現Okinawa.pmのオーガナイザーがPerl入学式についても沢山質問をしていたのですが、それを見て僕が「いつ沖縄でPerl入学式をやるんですか?」と聞いたところ、「Kさん(僕です)中心でやってみようよ」と。( ゚д゚)ポカーン

初めは何かの冗談かと思いましたが、それが元になって沖縄でもPerl入学式を行うことになりました。
その記念すべき第1回の詳細は、こちらです!!

Perl入学式 in沖縄 第1回 〜環境構築編〜 Perl入学式 in沖縄 第1回 〜環境構築編〜

意気込み

Perl入学式 in沖縄は6/18(土)からスタートし、計5回の開催を予定しています。
今の僕の技術で本当に教えることができるのか、ちゃんと理解できるように教えることができるかなどたくさんの不安を感じていますが、みんなが参加して良かったと感じてもらえるPerl入学式にしたいと思ってますので、皆さん宜しくお願いします。

Perl入学式公式サイトなど

サポーター募集中

Perl入学式は、沖縄のほか、福岡、大阪、東京で、ボランティアによって運営されています。
Perl入学式は、ともに活動してくれるボランティア、そしてこの活動をスポンサーとして応援してくださる企業さま、個人さまを募集しています。

お問い合せは、 admin@perl-entrance.org で承ります。

みなさまからのご連絡をお待ちしております。