読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#Perl入学式 in東京 第3回 レポート

みなさん、こんにちは。Perl入学式サポーターの佐藤(@karupanerura)です。
9/23(火/祝)、株式会社ガイアックス様のセミナールームをお借りし、Perl入学式 in 東京 第3回を開催しました。
 tokyo3
講師は @__papix__ さんで、サポーターは以下のメンバーが務めました。(順不同/敬称略)

  • @tsucchi
  • @ytnobody
  • @kaz_hiramatsu
  • @masiuchi
  • @akira1908jp
  • @hoto17296
  • @karupanerura
第3回の内容は「配列操作/ハッシュ/リファレンス編」 ということで、Perl のデータ構造に関する話を中心に扱いました。
講義で使用したコードは全て以下で見ることができます。復習などにお役立て下さい。
https://github.com/perl-entrance-org/workshop-2014-03/tree/master/code/osaka

また、in東京では補講を実施しています。今回参加できなかった方、理解に不安があるのでもう一度聞きたい方などはご参加下さい。
第3回の補講は、10月13日(月/祝)に実施します。ご参加希望の方はこちらからどうぞ。

疑問点やご意見/ご指摘等あればTwitterの#Perl入学式のハッシュタグか、
idobata の歓談所にて受け付けておりますので是非ご活用下さい。

今回は26名の方にご参加頂きました。サポーターの人数が多かったこともあってか、コミュニケーションも活発だったと思います。

今回もいままで同様に13時にスタートし、まずは @__papix__ さんの説明に沿って、前回扱った配列の扱いの基本をおさらいしました。
時期が空いていることもあってか、苦戦している方も多かったと思いますが、最終的には殆どの方が復習課題をクリアすることができました。

次に、今回のテーマの1つである配列操作の解説です。
Perlには配列を操作する標準関数が幾つか存在しますが、その最も基本的なものであるpush/pop、shift/unshift、split/joinについて解説しました。
復習問題で苦戦した方も配列の感覚が思い出せたのか、スムーズに課題をこなせていました。

そして10分の休憩をはさみ、ハッシュの解説です。
ハッシュをどのように扱うことができるのか。どのようなケースがハッシュに適するのか。ハッシュがなぜ便利なのか。などを解説しました。

最後に、理解が難しいと言われるリファレンスの解説です。
具体例を示し、複雑な構造のデータを表現するためにどのような考え方をするのか。どのようにリファレンスを用いれば良いのか。などを解説しました。

懇親会は口福飯店で行われました。
tokyo3-gyoza
中華料理の食べ放題/飲み放題で他の参加者やサポーターのメンバーが普段どのようなことをしているのか。
どのような場面で困っているのか。好きなアニメは何か。など様々なことをネタにトークを楽しみました。

次回の予定

次回、Perl入学式in東京 第 4 回 「サブルーチン/正規表現編」の詳細については、近日中にお知らせできるよう調整中です。

サブルーチン、正規表現が使えることでより複雑なアプリを作ることが出来ます。 Perlで実用的なアプリケーションを構築するためには必須の技術と言えるでしょう。

ぜひ、ご参加下さい。